スポンサーサイト
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
貧乏パスタ
  
今、異国の地で一人暮らしをしているわけですが、
日本で一人暮らしをしていた時よりも、貧乏生活しています^^;

貧乏学生の心強い味方はやっぱりパスタ(笑)
スーパーブランドの品だと1キロで1ユーロ切ったりするので、本当に助かります。

はじめのうちは、びん詰のやすいパスタソースを買っていましたが、
今はそれも使わず、、、

1~2種類の野菜と、ツナかベーコンのどちらかを炒め、
それと茹でたパスタを絡めて、最後に醤油かケチャップをばーっとかけて、できあがり。
野菜は、最近はなすばかり食べています。
油を吸わせたなすはなんとなく肉にも近いような気がする…笑
しかも、こっちはあほほどでかいなすが1ユーロしないで買えるので、
貧乏料理には持って来い。
でかいので、それで5食分くらいいけます。
たまーに玉ねぎを入れたりすると、なんとも贅沢な気分に(笑)

フランス、とにかく外食が高いのです。
ランチで15ユーロくらい余裕でいきます。
スーパーで売ってるサンドや惣菜は2ユーロぐらいから買えますが、
やっぱり家でパスタ食べるのに比べたら高い。
ということで、パスタばかり食べています。(おかげで横に成長してきました……)

そろそろ醤油かケチャップの味付けに飽きてきたので…
新しい味募集中です(笑)
   
  
suite anglaise
  
先日、レッスンにバッハのイギリス組曲を持って行きました。
実は…バッハの組曲を一つ全曲やるのは初めて(笑)
譜読みしただけとか、アルマンドだけやったとかならあったのですが、
この機会に勉強しようと、秋からほそぼそとさらっていました。

弾いたのはイギリス組曲の3番ですが、こんな構成になってます、じゃーん

Prelude, Allemande, Courante, Sarabande, Gavotte, Gigue
プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、ガヴォット、ジーグ

大雑把に言うと、バロック時代のいろんな踊りです(笑)←雑すぎwww
その踊りによって、ステップもテンポも雰囲気も変わってきます。

ガヴォットを弾いた時に、先生がガヴォットの由来などいろいろと教えて下さいました。
「ガヴォット」の名は、踊りの発祥したフランスにあるペイ・ド・ギャップ(Pays de Gap)地方のガヴォ(Gavot)に由来するそうです。
「この間講習会で君が来た地方に近くて、田舎でねー、農民が踊るんだよ。」とおっしゃって、
ふおおお…と一気にイメージがで湧いてきました。

アルマンドはチェロの無伴奏チェロ組曲を想像しなさいとおっしゃってて、
改めてチェロを聴くと、自分の演奏のつまらなさを痛感…。
あんなふうに弾けるようになりたいです。

バッハってやっぱり素晴らしい。本当に大好き。
留学中にもう1曲なにか組曲を勉強できると良いなあ。
   
  
C’était très délicieux !
  
チョコケーキ♪

やっと食べれた誕生日ケーキです\(^o^)/
友達と仲良く半分ずつ食べました♪
おいしかったー!幸せーーー!
23年目もいい年になりますように。

ミルフィーユ♪
   
  
ちゃんりお
  
ちゃんりお

今時になってちゃんりおメーカーでちゃんりおを作ってみました♪

かわいー♪♪♪
期間延長したそうなので、ぜひつくってみてくださーい♪

私的に、足元にいるこのクラシカルなキティちゃんがツボです(笑)
キティラーではないですが、未だにどこか旅行にいくと必ずご当地キティをゲットしてる私でした(笑)
   
  
湿疹との闘い
  
11月末、右手の薬指っていうめっちゃピアノで使う指に湿疹ができました…

もともとそんなに肌が強いわけではなく、
前にも、チョコを作った時に手洗いまくったら湿疹ができたこともあったので、
あーあ、こっちの洗剤強かったかーと思って、あまり使わないようにしていたのですが…

何日たっても治りまへん…




石鹸もあかんのかもしれんと思い、
肌に優しい石鹸に変えて、洗い物をするときはゴム手袋をし、
さらにゴム手袋でかぶれるかもしれないから、絆創膏をし、
もちろんハンドクリームを塗り…、と、
思いつくだけの対策をやったのですが…




一向に良くなりません…。



薬指と中指を広げるときに、避けてしまったり(T_T)
よりによってその時やっていた曲がショパンのスケルツォ4番っていう、薬指をよく使う曲で…(笑)
こういう時に限って、本番がたくさんあって…
本番の前に限って調子が悪くて…

さすがに治らなさすぎやろと思ってはいたのですが、
たぶん、病院行ったら、しばらく右手使わないでください的になるんちゃうやろかと思い…
本番が終わってから行こうと思って、なんとかだましだまし乗り切って、
やっと重い腰を上げて病院へ…


そして…診断結果…



「カンジタ菌ですね」


え…?笑

「薬塗ったら良くなると思いますよー」


え…笑


なぜに感染したのか謎ですが…
先生の言うとおり、薬を塗っていると…
1日で、え…今までの何なんってくらい、かなり治まりましたwww

テロやらなんやらでストレスを感じて、免疫力が落ちていたのかなぁ。
とりあえず回復して本当に良かったです(T_T)


今日の教訓
治らない湿疹には、早めに病院へいきましょう(笑)
   
  
母のブログをみる
  
ふと思って、母のブログを見た。(ブログPC版メニュー下のリンクをご覧あれ)

今や新年の挨拶のみになっているんだけど(笑)、
私が見たのを察したのか、1月3日に超久しぶりに更新されてました。
私が小学生、中学生時代の記事を読み、なんとも懐かしい気分に。
コンクール前にあまりにも練習しなさすぎて母に怒られるとかねwww
ついでに、自分のブログも見てみました。

ちびちびと続けてきたこのブログ。
気がついたら11年目でした。
読書感想文終わらないとか書いてる小学生だったのに、
気がついたらミルクは私のそばから旅立ち、
私は異国の地へ。
いや、10年前は想像していなかった。
まさか、自分が音大出てフランスに居るなんてね。
時間の経つのは本当に早い。

母が国語だけは(笑)得意で、文章がすんばらしいので、真似したいのですが、
私の文章力…小学生の時に書いた記事からあんまり成長してないような…(笑)
どうでしょうか…

誰かーこの私に、文章力をくださいー

スマホを使うようになって、SNSばかりになっても、
なんだかこのブログは続けていたくて、今日に至ります。
何回か他のブログに浮気しそうになっても、なんやかんやここに戻ってきてしまいます。
皆さんと一緒に20年目を迎えられますように。
(がんばります。)
   
  
galette des rois!
  
フランスでは、新年明けると(実際にはその前から)、
ガレット・デ・ロワというお菓子が売りだされます。

紙の王冠がのった折りパイにフランジパーヌ(アーモンドクリーム)が入ったパイ菓子で、中にフェーヴ(fève、ソラマメの意)と呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入っている。公現節(1月6日)に家族で切り分けて食べ、フェーヴが当たった人は王冠を被り、祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれる。   byウィキペディア

だそうです!

最近は日本でも売られるようになりましたが、美味しいときき、買ってみました♪
さみしいお一人様でも食べれるように(笑)、一人用ガレット・デ・ロワなんてものがあります。

ガレットデロワ一人分

さすがに、一人用にはフェーヴはいませんが(笑)
普通に美味しかった(*^^*)

また来年も食べるの楽しみやなーとか思ってたら…




ガレットデロワ

シェアしてる方が、一緒に食べようと!!
フェーヴいりガレット・デ・ロワを用意してくださいました!!

一番年下の人(わたし)が、切り分けられたガレットを見ないで、
誰に配るか指名します。
私のところには、残念ながら入っていませでしたが、
どこにあるのかわくわくするし、ガレットは美味しいし、とっても楽しかった♪♪

この日は、朝から授業で、その後移民局行って、へろへろでしたが、
ガレットでパワー注入できました♪♪
   


Profile♪

milk93

Author:milk93
身長147cmのピアノ弾き、milk93です。
音大卒業後、フランスに留学中。自他ともに認める負けず嫌い。
好きな作曲家はBach、Chopin、Schumann、Debussyなどなど…気分によっても変わります(笑)
肉じゃがと、ふわふわもふもふしているものが好き。和食ってすばらしい。

ちまちまと続けてきたブログはまさかの11年目に突入中!

ただいまフランス語を猛勉強中…

タイトルのmilkは、生涯で一番愛した犬の名前です♪



※ブログの趣旨に反したトラックバック等は削除させて頂きます。

Booklog♪
Recent Entry♪
Comment♪
Category♪
Monthly Archive♪
Link♪
Search♪
QR code♪
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。